FC2ブログ

訃報

日本のニュースにたくさん出ているので皆様もご存じたと思いますが、乳癌とのありのままの日々をブログに書き綴っていた小林麻央さんが、この世界から旅立たれました。

病気が発覚した時から、面識もない方の行く末を驚くぐらい案じておりました。
ブログを始められてから、ほぼ欠かさずに毎日1度はクリックしていました。
更新が少しでも滞ると、心配でならなかったです。

このような想いで、終末期の彼女を追ってしまったのは、もちろん理由があります。

私の娘がお腹にいるのがわかってまもなく、自分を襲う病魔も発覚しました。
私の場合は、丁重に医学的処置をお断りし、レイキを送りました。
本当にたくさん。来る日も、来る日も。自分の中に湧き上がってくる不安を消そうとするように、ひたすらレイキの白い光で影をなくそうとしました。

心に絶え間なく過る想いは「生まれてくるこの子と、どれだけの時間を過ごせるのだろうか?」。
彼女が「私にはちゃんとママがいた。私を精一杯、愛してくれた。」と記憶に残せるくらいの歳まで、一緒にいられるのだろうか?という不安で頭がいっぱいになってしまったことも。

でも、私はこうして今、何の問題もなく、元気に生きています。
病魔も私の中から消えて、今となっては病魔という言葉を使うのがしっくりこない何かに姿を変えています。私に大切な気づきを与えてくれた経験・・・

幼いお子様たちを残して、この世を去る気持ち。
どんなに心の残りで、辛いだろうと思うと、自然と涙が溢れます。

そんな場所の近くまで行った自分だから、より想いが強いのかもしれない。
それか純粋に人として、感じる気持ちなのかもしれない。

人は、いえ私はこんな価値ある経験をし、かつ生き長らえているのに、恥ずかしいですが、この命や娘との時間の価値を、日々の忙しさや、やるべきこと、余裕のなさで忘れてしまうこともあります。
あらためて、今の自分を見つめ直し、反省すべき時でもあるようです。

そのような機会を与えてくださった麻央さん、ありがとうございました。
ご冥福を、心よりお祈りします。
プロフィール

きらら

Author:きらら
「臼井式レイキマスター」
「カルナレイキマスター」

パリ近郊にある自宅のサロンで、レイキによるヒーリングとレイキ伝授を行っています。
(当方最寄駅はメトロ8号線)

*出張によるレイキセッションは行っておりません。
(身体的理由で移動が不可などの特別な理由を除く)

週末や祝日も対応しております。(水曜は定休日)
また遠方の方は、遠隔ヒーリングを承っています。

宇宙からのエネルギーという名の光を送ることで乱れた波動を調整し、健康な心と体を取り戻すお手伝いをします。

ご興味ある方は、まずメールにてご連絡ください。(コメント欄のご利用は避けてください。)

お問い合わせのみでも歓迎^^
reikirara@hotmail.fr

詳しくはHPをご覧ください。
http://reikijaponais.fr/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR