FC2ブログ

忙しい日々

皆様、いかがお過ごしですか?
体調など崩している方はおられませんか?
それより心配なのは、心。心はしっかり元気にしていますか?
外出制限がやはり延長になりましたね。これに驚いた人はいないでしょう。

私は、本当に忙しくしています(笑)
遠隔セッションではなく、日々の日常生活です。
(その合間を見つけて、遠隔セッションの依頼をこなしている感じです^^)

学校が休校になっていますから、毎朝9時半くらいに、娘の担任の先生から今日すべき課題が送られてきます。うちは全員朝方で、7時には起きていて、朝食後はまずアパルトマンに庭に出て朝日を浴びます。
そして娘の課題を先生のようになって一緒にこなします。その後、ランチは一緒に作ります。
せっかくなので料理のイロハを教え込んでいます。勉強より大事よ!と言いつつ^^
その後、午後の勉強と日本語学習など、そしてバレエのレッスンです。これも先生からビデオが届きます。
これらの時間の合間で、庭に出て、一緒にスポーツします。
バトミントン、サッカー、もも上げなどの走り系・・・気づくと、夕食の準備をしなくてはいけない時間になります。
とにかくバランス良く美味しく食べたいので、料理も手を抜いていません。
こんな感じで1日があっという間に過ぎ、夜は、ベットに入ったら、驚く早さで夢の中^^

外出がほぼ出来ず・・・ですが、この今の状況を見ていると、きちんと守るべきだと思います。
できるだけ、不急不要の外出を避けることが、本当に今は大事です。

いつ沈静するかわからないコロナですが、この不便な生活の中でも、生きる力が試されている時だと思って、いろいろなこと出来る範囲でチャレンジしてみるのも良いかもしれません。
ワクワクはできなくて当然です。でも、落ち込むこともないわけです。
気持ちから、負けないでください。心の元気は免疫力を高めます。
仮にコロナにかかっても、そのウイルスに負けなければいいのです。
もう今は、誰がどこでコロナにかかっても、おかしくありません。
だから、心身ともに自分を整えて、準備をしておいてください。

ストの日々

皆様、ストが続く日々、いかがお過ごしでしょうか?
ダメなものはダメ、動かない電車は動かない。
そうやって、腹を決めて、別の形で日々の生活を送っている人が多数だと思います。

私の周囲の人も、歩く喜びを発見したり、自転車の達人になったり、ジョギング始めたり(笑)。
意外や意外、外出を思いっきり控えている人はおりません。
すごく良いことだなと思っています。

有り難いことに、ストによるご予約のキャンセルはあまりなく、いつもよりゆったりペースでここ2週間くらいお仕事させていただいています。
娘の学校の先生もストに参加しているものですから、彼女との時間も普段の12月に比べ、たくさん取れました。いろいろな話をしたり、家でのんびりと過ごしたり・・・
この形だからできる最良の過ごし方をたっぷりと味わいました。

パリに用事があるときは、基本的に全行程を走って行きますが、ゆえにいろいろな発見があり、美味しいお店を見つけてしまったり、ここ最近寒さが弱まっていることもあり、なんだかすっかり楽しんでしまっています。

毎日同じ場所に通勤している知り合いの方たちも「メトロに乗らないことがこんなにも快適だなんて!」というセリフが口から出てきていますから、きっとそれぞれの形でちょっと大変な師走を満喫(言い過ぎ?!)しているのかなと^^

でも中には疲れ切ってしまっている人もいますね。
肉体もだけど、おそらく精神的に参っているという感じではないでしょうか。
その人たちにお伝えしたいのは、状況は目の前にあるわけです。
これは自分の力ではどうにもできません。
だから、もう決まってしまっている状況を認める。諦めるでもいいです。
その上で、どうやったらより心地よく、周囲の人のイライラに流されず、この状態を楽しむか。
やり過ごすかでもいいですけど、逃げのココロより、浸かってしまうココロを持ってみてください。

いつもより少し多くある時間を、私は今とてもありがたく過ごしています。
苦手な座ってコーヒータイムも、このストのお蔭で出来るようになりました^^
このストのお蔭で・・・を皆さんもたくさん見つけてくださいね!

おともだち

娘と、そのおともだちのお話です。
いつも学校の休み時間に遊んでいる仲良しの女の子のお誕生日会に呼ばれませんでした。
うちにも遊びにくる子だし、少し前に「お誕生日会に来てね!」と言っていたので不思議でした。

今も学校などで仲良く遊んでいるその子の言い訳1は「リストに入れるの忘れちゃった!」
言い訳2は「お母さんが6人までって言ったから。」
言い訳3は「特別なおともだちだから、他の日にうちに呼んであげる。」

なんだかとてもあからさまだったのと、思ったことを熟考せず口に出してしまうダメな母親の私は「それって、おかしくない?彼女にとって、あなたは本当に大事なおともだちなの?」などと発言してしまいました。
幸い、娘は私の発言など気にも留めず。
「うん、そうだと思う。」
「他の理由があって私を呼べなかったのかもしれないし。」
「私は気にしないよ。良い子なんだよ!」

週末パパに頼んでおもちゃ屋さんに連れて行ってもらいました。
自分のお小遣いを使いプレイモビルが好きなその子にプレゼントを買っていました。
「お誕生日会に呼ばれてないからプレゼントあげなくてもいいんだよ!」という私たちに、「お誕生日会は今日やってるみたい。呼ばれなかったけど、金曜日に私と同じ9才になったんだよ!」「コレ欲しいって言ってたから、月曜日に学校であげるの。」「喜ぶ顔見るのが楽しみなんだ。」って、今朝は満面の笑顔で出かけて行きました。

娘が、彼女がお誕生日に呼んでくれなかった!もう友達じゃない!という発想をもたなかったことや、娘のこの一件のココロの捉え方がとても好きだなと思いました。
(この際、呼ばれなかった理由はどうでも良いわけで^^)
幸せか不幸か、というのは捉え方ひとつ。
良い形で受け取ってあげたときに変わってゆくこともあると思います。
幸せに生きてゆくというのはこういうことなのかもしれない。
これは大人の世界にも言えるのではないでしょうか。
長く生きていると、良い経験ばかりではないので、大人の方が否定的に捉えがちです。
これは私自身にも言えます。今回また娘に学びました。
そして、なにより娘の成長のかたちが喜ばしいもので、純粋に嬉しくなりました!

過去・現在・未来

今日は私の家族のこと。我が家は、夫、娘(只今9才)、私の3人家族です。
みんなそれぞれタイプが違います。
共通しているのは、満月が欠けて新月に向かって行くときに生まれていることくらい。
そのおかげか(?!)、3人ともに月の影響は受けずに暮らしています^^

夫は「過去」ばかり見ています。楽しかった思い出や出来事を思い出して、そこにニンマリ浸るのが好きです。彼は過去に包まれて生きている人です。

娘は「未来」ばかり見ています。今、楽しんでいても、明日以降のことを考えてしまうようです^^
心配とか不安ではなく、未来にある楽しみを楽しく待ちながら、そこを軸に生きている感じです。

私は「現在」にしか生きられません。過去はもう手を伸ばしても触れることが出来ないものだし、未来は来るのかさえも確実ではないので、そんな無駄な空想に時間を費やせないのです。
未来のいろいろな計画はちゃんと立てられますが、なんかいつも現実味がないのです。
がんばってリアルに想定できるのは2週間先くらいまでが限度です、笑。

今が大事なのです。今しか変えられないし、人は今にしか生きられないのです。
過去も未来も私にとっては存在しなく、幻の中のいい思い出か想像の世界の賜物です。

我が家族の誰が正しいとかは大事ではありません。人それぞれですから。
これも性格からくる個性のひとつなのかもしれませんし。

でも過去・現在・未来をそれぞれ担当して、うまい具合に1つの家族になってるなと思います。
同じである必要はないので、それぞれの形で、心地よく生きていければ、それで良いのです^^
ちょっとした家族紹介でした。

なぜ走る?

時々聞かれるのが「なぜフルマラソンを走るのですか?」という質問と、「42,195キロ先には何があるのですか?」というもの。
まず「なぜ?」は、わからない・・・です。「好きだから。」ともストレートに言えないし、もちろん健康のためではなく(どちらかというと不健康なものなので)、ダイエットは体質的に必要なく・・・やはりわかりません。

42,195キロ先の景色を見てみたいと、今から多分15年くらい前に初めてのフルマラソンを走りましたが、ゴール後の景色は同じでした。
一つのレースが終わって安堵して、結果が思い通りで満足して喜んでというのも、私の場合は24時間続くか否か・・・。
ちょっとした嬉しさはしばらく残りますが、すっかり過去の産物でしかありません。

去年初めてパリマラソンに出て、完走したフランス人の中にはタトゥーなどをした人もいました。
そこまでする?それこそ、なぜ??と驚いたものです。

フルマラソンを走っても人生はな~んにも変わりません。
なんなら100キロ以上のウルトラマラソンを走っても同じままです。

この私の冷めた答えを聞いて、これから走ろう!と思っている人のやる気を削いでしまったらスミマセン。(あくまで個人的な意見なので、そうでない人もちゃんと存在すると思います。)

ここ最近、ふと理由が思い当たりました。
走ってみるまで結果がわからないから、だから楽しいのです。
ハーフマラソンまでは、かなり検討がつきます。そして当たります。
しかしフルマラソンは、完璧に準備をして仕上げていても、当日走ってみないとわからない。
故障を抱えてダメだと思っていても、調整が良かったのか結果オーライなことも!
ただし確実なのは、実力以上の結果は絶対に出ない。まぐれはない。
ここら辺のことが好きなのだと思います。
だから、ただジョギングやランニングをすることには興味がありません。
レースに出ることが大好きなのです!
しかも42キロはないと、マインド勝負という一番面白い部分が欠けてしまいますから、それ以下の距離は練習で出ることはあっても、あまり面白くないのです。

そういえば、1月の中旬に非常に性質の悪い故障をしてしまいました。
治るまでに数か月はかかる模様です。
もちろん「走るべきではない」と言われます。
この言葉ほど、闘志を掻き立てられるものはありません、笑。
レイキのおかげもあり、普通は走るのが無理な状態ですが走っています。
春のレースもどんなに結果が悪かろうと、棄権はせずに予定通りに出ます。
逃げるのは、嫌いです。逃げるなら、すべて終えてからにしようと思います^^
もしかしたら、走ることに対する自分の姿勢が好きで、走っているのかもしれません。
プロフィール

きらら

Author:きらら
「臼井式レイキマスター」
「カルナレイキマスター」

パリ近郊にある自宅のサロンで、レイキによるヒーリングとレイキ伝授を行っています。
(当方最寄駅はメトロ8号線)

*出張によるレイキセッションは行っておりません。
(身体的理由で移動が不可などの特別な理由を除く)

週末や祝日も対応しております。(水曜は定休日)
また遠方の方は、遠隔ヒーリングを承っています。

宇宙からのエネルギーという名の光を送ることで乱れた波動を調整し、健康な心と体を取り戻すお手伝いをします。

ご興味ある方は、まずメールにてご連絡ください。(コメント欄のご利用は避けてください。)

お問い合わせのみでも歓迎^^
reikirara@hotmail.fr

詳しくはHPをご覧ください。
http://reikijaponais.fr/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR